メロンパンは美味しい(仮)

ヴァンガードのことから日常生活まで

決めろ最速で全スタンド!五代元素軸ダークイレギュラーズ

f:id:momijiVG:20190123163221p:plain

ダンタリアン?ノンノンノン

デスアンカー?ノンノンノン

V、R全て起こせるこのカードが最強だあぁぁぁぁぁ


構築から


G3

五代元素の支配者×4  最新弾


G2

グウィン・ザ・リッパー×4 AL4

ブルーダスト×2  PR

ブラッドサクリファイスルスペン×4 AL4

オーフル・ネイル×4 最新弾


G1

ディメンジョンクリーパー×4 最新弾

ヴェアヴォルフ・フライビリガー×4 AL4

リズナービースト×4 AL4

誘惑のサキュバス×1 最新弾

ヴリコラカス×2 AL4


G0

fv ヴァーミリオンゲートキーパー×1

引 悪魔の国のマーチーラービット×4

引 ヒステリックシャーリー×2

☆ ヴェアルクス・ゲフライター×4

☆ ブリッツリッター×2


五代元素以外は全てソウルチャージ手段を持つカードを採用しました。


ドリーンやヴリコラカスはパンプ手段としては優秀ですが動きが止まる原因になってしまうため極力減らしましたが五代元素が決まっても打点不足で決まらないと感じたら入れても良いと思います。


手札に来た登場時ソウルチャージするカードは可能な限り並べて先3、後3、先4、後4でゲームを決めに行く形で動くのが理想です。


初見殺しにもなると思うのでこれで相手の人生めちゃくちゃにしましょう!

エクスカルペイト・ザ・ブラスター軸inリシャール

土日に合わせて来る台風より憂鬱なものはないですよね

こんにちわモミジです。

 

 今回はエクスカルペイト・ザ・ブラスターの構築を適当に書いていこうと思います。

f:id:momijiVG:20180928151217j:plain

 

まず構築から

G4

エクスカルペイト・ザ・ブラスター3

 

G3

騎士王アルフレッド4

ソウルセイバードラゴン2

 

G2

ブラスターブレード4

ジャーロン4

アカネ4

 

G1

リシャール3

アレン4

マロン1

ぽーんがる4

 

G0

fv ぐらいむ1

引6

クリ6 

治4

 

 

エクスカルペイト3なのは4だと多く2だと少なく感じたのでこの枚数にしました。

枚数を変える場合はソルセの枚数との調整になると思います。

ドローは3も4も引きに行きたいので多くしました。

 

リシャールはマロンと配置が被っているのでCBがなくても使えるリシャールを多めに採用しました。

 

そのリシャールの説明から

f:id:momijiVG:20180928153043j:plain

このカードのおかげにより今まで作り辛かったグレード1と1のラインも作りやすくなりこれによりアレンが使いやすくなり、さらにはアタッカーがいなくても0を出すことができるようになったおかげで手札事故が起きてもリカバリーできるとてもいいカードです。

 

プランA

ルフレッド➡︎エクスカルペイト➡︎アルフレッド

一番回しててこのパターンが多く無難なライド順番だと思います。

最初のアルフレッドで要求取りつつエクスカルペイトで相手の盤面更地にしてハンドを枯らしてからもう一度アルフレッドで要求を取って押していくパターンです。

 

プランB

ルフレッド➡︎エクスカルペイト➡︎ソルセ

あまりないパターンですがエクスカルペイトの効果でソウルに2枚入れるのでソルセに乗ったターンにはソウルが3枚あります。

なのでエクスカルペイトとソルセの2ターンの間にぽーんがるかアカネを2枚引ければソルセを射出でき、ほぼ勝ちまで持っていくことができます。

 

これ以外は今までのロイヤルパラディンとほぼ変わらない33000ラインを作って25000要求取ってく立ち回りでいいと思います。

 

最後に今までほぼ固定だったロイパラの構築にエクスカルペイトとリシャールという選択肢が増えたおかげで構築の幅がかなり広がったと思います。

 

今回はまじめな記事になってしまいましたが

今度はゼノン採用型のロイパラでも書いてみようかなと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などがありましたら@meronpansaikouの方までDMかリプライをくだされば幸いです。

ヌーベルバーグ軸

 

最近朝が寒くなってきましたね

どうもモミジです。

 

突然ですがヌーベルバーグが今回されてから数日経ちましたが面白そうなデッキができたので記事にしてみました。

まずはヌーベルバーグの効果から

f:id:momijiVG:20180918153347j:plain

 

旧ヌーベルバーグと同じでトリガー効果を無効化しつつ相手のRも全て焼ける上にほぼノーコストなのは強いですね!

しかし今のかげろうはウォータフォウルから3点ロングシュートをするのに特化しているのでこのヌーベルバーグを活かすには1点ずつ詰めていかないといけないのです今の構築とはかなり変える必要があります。

そこで考えた構築がこちら

 

G4

ヌーベルバーグ4枚

G3

ドラゴニックオーバーロード4枚

G2 

バーサークドラゴン4枚

ベリコウスティドラゴン4枚

竜槍のディルモンド4枚

G1

エルモ4枚

リザードソルジャーラオピア4枚

ヌーベルロマンドラゴン4枚

バー1枚

 

G0

クリティカル8枚

ドロー完全4枚

ヒール4枚

FV1枚

 

今までの違って1点ずつ詰めていくには横の要求値を上げるしかないので、

そこでヌーベルの焼き効果を活かしつつパンプもできるベリコウスティとラオピアを4枚ずつ採用しました。

 

f:id:momijiVG:20180918152739p:plain

 

   f:id:momijiVG:20180918152759p:plain

     

かげろうはリソースを多く稼げるデッキではないのではなくシャドウパラディンやロイヤルパラディンのように盤面も増やすことができないのでなるべく前列の単体で高いパワーを出すことが理想で、その点とも噛み合っていて良いと思います。

 

この2枚が状態でヌーベルバーグの効果を使い3-5焼きできるだけで横で要求も取りつつ相手の盤面を更地にできるので決まればゲームエンドまで持っていけることもできます。

 

 

他にもディルモンドを採用することによりヌーベルではないターンでも上手く決まれば2枚焼きすることができるためラオピア、ベリコウスティを1万パンプしつつオバロのターンでも横で火力を出すことができます。

f:id:momijiVG:20180918153204p:plain

 

今までほとんどVにしか降っていなかったフォースを横に振るという選択肢も多くなったので今までのウォータフォウル頼りではなく色々パターンがある面白いデッキになりそうですね。

 

もしデッキ構築などに悩んでいましたら参考にでもしていただけると幸いです。

 

最後に9月23日愛知県で開かれるJVGCSはなんと優勝すると発売予定が決まっているカートン(ウルトラレアなど)を優勝商品としてゲットできるとても良CSとなっておりますので是非是非迷っている方は参加してみてください!

 

URLは下のリンクに貼っておきますので気になる方は是非見ていってください!

 

https://www.izazin.com/taikai/07067356

 

電車の中で走り書きとなってしまい文章に違和感を覚えたところもいくつかあるかもしれませんがここまで読んでいただきありがとうございました。

 

もし質問などがありましたらTwitterの@meronpansaikou の方にDMかリプライの方していただけると幸いです。

 

 

7日目 カードゲームの面白さと情報の重要性

 

f:id:momijiVG:20180705171649j:plain

 

最近にカードゲームで情報の大切さを再認識しましたので自分なりにまとめてみようかなと思います。

 

今の情報化社会の中で情報というものは生活に置いてもゲームなどに置いても必要不可欠な存在となっています。

 

情報とは?

例えばゲームに例えると何かのソシャゲやオンラインゲームなどのボスを倒す、またはステージをクリアしようとした時に難易度が高いほど初見でクリアどころか10.20回やってもクリアできないことだってあると思います。

この時に調べる攻略記事や誰かのクリアした時の感想、対策などが全て「情報」です。

 

これをカードゲームに置き換えると「使い方」や「対面」の話になってきます。

 

 「使い方」とは、自分のデッキの回し方、強さ、弱さを把握することだと思います。

 

一番上手く回った時の最高打点はいくつなのか、打点ではなく最高攻撃回数は何回なのか、札が弱い時にどのようにして強い盤面に繋がるかなど数多くあります。

これは一人回しという形で一人でも研究することができます。

 

ゲームで例えるとキャラのステータスやスキルの把握みたいなものです。

 

 

次に「対面」ですが、ゲームで例えるならボス攻略みたいなものです。

攻略する時にボスの弱点や攻撃パターンについて調べて対策したりしますよね?

カードゲームの「対面」も似たようなものです。

 

対何か相手はこのようにして立ち回る、

この相手は苦手だからそれに対しての対策として構築を変えるなど自分なりに試してみるなど色々あり、他にも今ではツイッターなどでも調べてみればたくさん出てくるのでそれを参考にするのもいいと思います。

この過程の中で「使い方」をしっかりと把握しているとより効果的に理解できると思います。

 

カードゲームにおける「情報」はいかに「対面」をやり、理解しそれに対しての回答を出せるかだと思います。

その理解を深める過程の中で同じデッキを使ってる人にどのように立ち回ってるか聞いたり、今では公認大会なども多くあるので色んな人と対面することにより多くの情報を得ることができます。

 

これで得た情報量の差によって運の要素を抜けば勝負は決まると思います。

 

 有名な名言にもある

「勝負は戦う前から決まっている」

もカードゲームにおいてはこのことを言っているのだと個人的には思っています。

 

上記の2つを踏まえた上でカードゲームにしかない楽しさがあると考えています。

それがAI相手では起こり得ない「駆け引き」です。

 

この「駆け引き」というのは対人戦だからこそ発生することであり、お互いが知ってれば知っているほどレベルは高くなるし面白さも増していき、その駆け引きの最中は息もできないほど緊張状態が続くときもありますが勝てば超超超超超超超嬉しいし負ければ超超超超超超超超超悔しいと思います。

 f:id:momijiVG:20180705190518j:plain

 f:id:momijiVG:20180705190548j:plain

この瞬間を味わうために僕はカードゲームを

 続けているといっても過言ではないです。

 

これだからヴァンガードはいつまで経ってもやめられないですね(笑)

 

今回は長くなってしまいましたがここまで読んでいただきありがとうございました。

中々上手くまとめられず思っていることを伝えられているか不安ですが大目に見ていただけると幸いです。

 

 

6日目 神cs サブトーナメント 結果 感想 反省

f:id:momijiVG:20180703212023j:plain



本戦がチーム3-2で抽選落ちしたのでサブトーナメントに出てきました。


サブトナメ1回目

使用 たちかぜ

1回戦目 スパブラ (ザボルグさん) ◯ 後手

完全ガードもトリガーもハンドもなくザイフリード防げないから終わったーと思っていたら、多分ハンドがそれほど良くなく先3のザイフリードの効果を使わずにスパイクバウンサーで盤面増やす動きを取ったのでなんとか

守れて返しでリソース稼いで完全ガードも引けたのでテンポ取ってなんとか勝ち


先3ザイフリード強すぎませんかね


2回戦目 かげろう × 先手

焼かれてもいいユニットを並べることに成功した相手の干渉を避けつつ盤面作れたのは良かったのですが焼けるカード引けずにアド稼ぐことができずにウォーターフォウル耐えれなくて負け



サブトナメ2回目

使用かげろう

あまりにも負けすぎてしまったのでついに我慢できずにかげろうを使って出場


1回戦 ノヴァ 後手 ◯

焼いて除去してウォーターフォウル決めて勝ち


2回戦 シード

準決勝かげろう(キリトくん)後手◯

お互いアタッカー引けずにVとR1パンという試合が続く、お互いウォーターフォウルの打ち合いになりこちらが先に息切れしてしまい

Rの攻撃にハンド全部使ってお互い3点の状態から3ノー

ドライブチェックヒール

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


クリはなかったので耐えたもののこちらのRなしでウォーターフォウルは1発分あったのに2点になってしまったのでダブクリ以外決まらなくなってしまい詰んだ〜と思っていたらトップ

ドラゴニックオーバーロード

うおおおおおおおおお1回目でクリならいけるうううううう

これはワンちゃん掴んだいけると思いドライブチェック 1枚目ヒール、2枚目ドロー

f:id:momijiVG:20180703192052j:plain

このまま効果使っても決まらないのでエンド

返しに最後のウォーターフォウルが飛んできてノーガード、次こそ終わりかーと思っていると

f:id:momijiVG:20180703192442j:plain


5点目でヒール


f:id:momijiVG:20180703193538j:plain


ここ最近で一番激アツでした。

ヒールで耐えたものの相手は3点でオーバーロードでクリまくらないといけない状態

返しにこの勢いのまま1枚目クリ捲ってオバロスタンドさせて勝ち


決勝 オラクル(アナザーさん) ◯  後手

後3の段階で3点まで入れてウォーターフォウル打つ準備整って安心してたら先4でヒールされて2点になってしまったのでオバロで止まるか迷ったのですがフォース増やして圧かけていきたかったのでウォーターフォウルに乗り2ノーされたところにダブクリで運勝ちしました。

どんな勝ちでも勝ちは勝ちってやつですね。


優勝した景品の結果はこちら

f:id:momijiVG:20180704215549j:plain


SVR引けたのでつえつえでしたね。



感想

今回スタンダードのトリオは初めて出たのですが進行がとてもスムーズで18時に終わったことにとても驚きました。

また出たいと思えたCSだったので是非開催して欲しいです。



神csで使用したたちかぜ 結果 感想 本戦

今日は愛知で開かれる神csに行ってきました


調整の段階でたちかぜが強くてこんなデッキで負けるわけねえええええと思って自信満々で行ってきました。

f:id:momijiVG:20180701230154j:plain

このシンジくんみたいに優雅に気取って行きましたね


この時点で僕はこの後に控えてる悪夢には気づいていませんでした。


1回戦 ロイヤルパラディン ◯T◯ 後手

ライトレックスで完全ガード回収してこちら3点の状況でソルセ打たれて3ノークリだと両脇守れなかったのでVに2貫貼って横のクリ乗った方に完全貼るプランしたら

1枚目クリ

んーーーーーーーーー心臓に悪い

ただ横のパワーが61000あったのでクリは横パワーはV

2枚目はヒールで2貫ぶち抜かれたんですけどクリ乗ってる方完全で守って耐え

逆だったらやばかったすね


2回戦 オラクル(よはんさん)×T× 後手

万と焼きしか引けなくて中々攻めきれない中鹿が飛んできて負け

オラクル側にV殴った後に上にトリガー置かれるとフロントない限りケアできない厳しかったです。


3回戦 たちかぜ クロイカヅチ×T× 後手


f:id:momijiVG:20180701232249j:plain

この瞬間を待っていたんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

クロイカヅチにはCSなどの大型大会のG環境で5、6回あたって一度も勝ったこともありません

スタンダード環境のCSで当たるのははじめてでこれだけテンションが上がることはないでしょうおおおおお(´⊙౪⊙)۶ッッッッィィィィィイイイイイヨッシャアアアアアアアアアアアアアアァァァァァァァ!!!!


先1アシストされるもメガレックス2枚あり先2の動きで札を入れ替えながらいい感じに攻められる

アクセルなどのコンボクランは先手で札を切らされるもきついすね

こちらはデスレックスに乗ってしまい攻めてにかけてしまい押し切られて負け


ぐやじいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい


f:id:momijiVG:20180701233702j:plain

次こそは絶対勝つ


4回戦 かげろう×T◯ 後手

ウォーターフォウル2発打たれる前に勝負を決めるかくらいの勢いで前のめりで動くかいい感じにアドを稼いでいくかのプランでハンドが良かったので後者のプランで攻め後3でブライトプスソニックノアメガレックスとかなり良い動きでこれはいい感じに立ち回れていると思ったらダメ取り1枚で黙る

返しにこちらが2点でウォーターフォウルと焼きにより焼け野原にされつつ5点まで詰められる

こちらの後4の攻撃タイミングで先ほど増やした手札を見てみれば1と0で札を増やすことも攻めることもできずに点を5点まで詰めるも返しに焼かれてきたきつきつきつ

このままの浄化の一撃に召され負け

この対面の良い回答を見つけるのが当面の目標ですね。


5回戦 ロイヤルパラディン ×T◯ 後手

先3ドライブでドローヒールで相手0点こちら3点になってしまう

きつい中R焼きつつ札増やして立ち回り相手のソルセを完全ガードを武装ゲージからいい感じに回収して1点バーンなどが無理なく決まりハンド0まで追い詰めて最後のデスレックスで殴った時

6点目ヒール

公開に3枚あってラストでした

まぁこういう日もあるってことすね


結果は1-4の大戦犯でした。


アクセルという特性はコンボデッキなので札に依存してVだけで完結できるということはないので練度で差が出てくるデッキだと強く痛感したのとフォース相手に後手引いてしまった時の立ち回りの定石は決めといた方がいいと思いました。


これ以上は長くなってしまうのでここまでで次はサブトナメのことでも書こうかなと思います。










3週間後には新弾

f:id:momijiVG:20180630232715j:plain


こんばんは、昨日新弾が発売されてついに4クランから7クランになって環境も新しくなり面白くなってきましたね。


僕も新弾を回して構築を練るのが楽しく、昨日今日とめちゃくちゃヴァンガードしてます。


その中アニメでは次に収録されるクランのカードが出始めて期待に胸が膨らむ日々ですがなんと次の新弾の発売日は3週間後にの7/20です。

f:id:momijiVG:20180630233456j:plain


待ち遠しいと思う人もいると思いますが個人的には少しはやく最低でも1ヶ月以上はあけてほしいなと感じました。


ただ次の新弾で出るグランブルーは僕にとって思い入れがあるデッキなので強くなることを願ってます。


また今回の段も構築まとまったらブログでも書いてみようかなと思うのでその時また読んでいただけると幸いです。