読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メロンパンは美味しい(仮)

ヴァンガードのことから日常生活まで

待望のレジェンドデッキ「The Blaster “Aichi Sendou”」 について、すこしまとめて見た。

    f:id:momijiVG:20170313234206j:plain

みなさん、おはようございます。

始めて大会に出た時のデッキは、「ばーくがるガンスロット」のハセです。ブログを書き始めて、2記事目、書くことがなかったのでこの前判明した、アイチ君のレジェンドデッキについて僕なりにまとめましたので、興味があれば見てって下さい。(今回の記事は月刊ブシロード4月号を参照しています。)

・収録内容

f:id:momijiVG:20170313235025j:plain

f:id:momijiVG:20170313235124p:plain

レジェンドデッキ「先導アイチ」が発表されて、1か月半が立ちましたが、まじまじと収録内容を見たことがなかったので、見てみると気になった点がちょこっとあったので、ご紹介。

  1. Gカード3種8枚
  2. 再録2種
  3. レリジャス・ソウルセイバー再録

です。

2と3に関しては、もう確定情報が出ていて、

再録2種 → ブラスター・ブレード1枚

        まぁるがる ?枚

レリジャス再録 → 結構前から出てる

らしいっす。

1に関しては、これまでのレジェンドデッキと違いGカードが3枚収録とのことで、櫂君の時よりも、1種増えてる形になります。気になる内容は、トップ画にも上げましたが

制騎士王アルフレット・ホーリーセイバー → 確定 

神聖竜ミリアド・ソウルセイバー

??(大いなる閃光 イゾルデ)

の三種が有力かなーと考えてます。ヴァンガードの主流がストライドになった今では、Gガーディアンは欠かせません。あと、CM情報から、エポナが完全ガードになったといのことから、イゾルデがGガーディアンに就職しそうな感じがしますね。

 ・注目カード?

f:id:momijiVG:20170314004522j:plain

 

 レジェンドデッキと言えば、「ブラスター・ダーク”Diablo"」「ドラゴニック・オーバーロード”The Legend"」と分身となるメインユニットが目立ちますが、そのメインユニットを支える、サポートユニットが結構パワーカードだったりします。ちなみに過去のサポートカードを振り返ってみると、

f:id:momijiVG:20170314005513p:plainf:id:momijiVG:20170314005516p:plain

f:id:momijiVG:20170314005518j:plainf:id:momijiVG:20170314005519j:plain

 

発売されて、1年~2年立つカード達ですが、未だにデッキに入れるか悩んでしまうカード達です。では、今回のレジェンドデッキ「アイチ」ではどんなカードが登場するのでしょうか、まず公開情報から、

f:id:momijiVG:20170314010237p:plain

まず、このカードですね。手札登場限定ですが、CB1でなんでもスペコできるやばいカードです。パワー+3000もあるので、ブラスター・ブレード持ってきて、フローラルパラディン・ふろーがるで連判するなんて、単純に強いっすね。

現在(3/14)の公開だと、マロンだけですので、まだまだ楽しみです。

特に注目していきたいのは、

  • 新星の騎士 リュー
  • ういんがる・ゆーす

の2枚かなーと予想しています。

レジェンドデッキ カイ君のネハーレン枠に、新星の騎士・リュー。(ブラスターをパンプする系効果だとやばいっすね)

レジェンドデッキ恒例のメインユニットサーチカード(カロンやコンロー)枠にういんがる・ゆーす。(ロイヤル・パラディンにはCB回復が乏しいので、ぜひCB回復が欲しい所です。)

このあたりが有力だと思いますが、スターホープ・トランぺッターも気になっています。

 

・まとめ&願望

まとめと言いましたが、大体上に書いたことがすべてです。

また、今日のヴァンガ情報局でカード情報解禁かもしれませんので、カードプールが判明次第、仮デッキでも考えてみようと思います。

あとは、完全に僕の希望です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:momijiVG:20170314012044j:plain

 

リメイクを宜しくお願い致します。

 

始めて、ショップ大会で優勝したのがマジェになるので、こころから願ってます。

6月のブースターにロイヤル・パラディンが収録されるので、そこにワンチャン願ってます。

 

ここまで、読んでいただいてありがとうございます。

また、次の機会もよろしくお願い致します。